飛べないショウジョウバエ
フライトレスやウィングレスと呼ばれることもあります

ヤドクガエルや変態直後のヒキガエルなど小さな昆虫しか食べられない生き物のエサです。 「フライトレスキイロショウジョウバエ」と「フライトレストリニドショウジョウバエ」の2種類を自家繁殖しています。新しい培地に種親をセットする作業は店内でしております。通常、カエルなどのエサ用に繁殖するには問題なく利用できますが、クリーンルームではありません。ただ、弊店では培地にカビが発生することはほとんどありません。2種類とも平成12年から継いできた系統です。ダニ発生も乗り越えた、ダニに負けない繁殖力を備えたコロニーと期待しております。2種とも飛べません。

キイロショウジョウバエとトリニドショウジョウバエ比較
キイロショウジョウバエとトリニドショウジョウバエ大きさ比較。黒くて大きい方がトリニドショウジョウバエです。

フラスコ入り飛べないキイロショウジョウバエ
フライトレスキイロショウジョウバエ
上図はボールペン先と比較画像。キイロショウジョウバエのマックスサイズです。

   

フライトレスキイロショウジョウバエフラスコに培地(ショウジョウバエのエサになる)を入れ、種親約50匹をいれてあります。=適正気温20度前後の環境下では、7日後くらいから繁殖したショウジョウバエが多数羽化します。種親をエサにしてしまうと殖える量が減ります。新しい世代の幼虫が見えてからエサにしてください。冬期は使い捨てカイロ実費21円/個を別途お願いします。殖やし方はこちらをご参照ください。

フラスコ入り飛べないキイロショウジョウバエ 905円
  ご注文数
現在庫数:

----------------------------------------------------------------------------- -----------------------------------------------------------------------------

飛べないトリニドショウジョウバエ
トリニドショウジョウバエボールペン先と比較画像。トリニドショウジョウバエのマックスサイズです。キイロショウジョウバエより二回りくらい大きい感じです。

   

トリニドショウジョウバエ
28ミリ径育成管に培地(ショウジョウバエのエサになる)を入れ、種親約30匹をいれてあります。適正気温20度前後の環境下では、だいたい12日後くらいから、繁殖したショウジョウバエが多数羽化します。種親をエサにしてしまうと殖える量が減ります。新しい世代の幼虫が見えてからエサにしてください。トリニドショウジョウバエがフルで羽化すれば、ワイルドスカイの店内環境では4センチくらいのコバルトヤドクガエル3匹の1週間分エサ量を満たせます。

飛べないトリニドジョウバエ 518円
  ご注文数
現在庫数:

-----------------------------------------------------------------------------


冬季はカイロ代実費21円/個を別途ご負担お願いいたします。ご注文数により複数個使用することがあります。

コオロギカード弊社とカード会社の契約上、JCB,AMEX,DINNERSカードはクロネコヤマトでのお届けに限られておりますが、北海道および熊本県・鹿児島県のお客様には配達まで2泊かかってしまうため、厳冬期はクロネコヤマトの場合、コオロギやショウジョウバエの死亡は避けられないと思われます。ゆうパックなら空調が効いた局舎内に保管し生き餌の生存率が高くなります。ただゆうパックの場合、先述の通りJCB,AMEX,DINNERSカードをご利用いただけません。VISAかMASTERカード、代引き(代引き手数料324円別途)をご利用お願いいたします。