ワイルドスカイ

モクパッキン

使い方
一つかみのモクパッキンをビンに入れる必要量のポテト培地をモクパッキンの上に入れる培地と同量の水を入れる
手などで培地とモクパッキンをビン底へ押さえる。手を少し濡らしてから押さえると手に付着しない。培地に水が浸みて 即ぐ落ち着きます上から見たところ、黄色いのは水に溶けやすいビール酵母顆粒
底から見た、モクパッキンが底まで来ているひっくり返しても培地が落ちないくらいの堅さがちょうど良い、 水の量を調整時の目安飛べないショウジョウバエを入れてティッシュペーパーのフタをしてセット完了
セット1週間後 ビン底まで幼虫が来ているセット時には培地に埋もれていたモクパッキンが見えている 培地表面にせり上がったモクパッキンの隙間にサナギがくっつき羽化する
フラスコで使用例
モクパッキン
ショウジョウバエの培地にコーヒーフィルターや段ボールなどを挿して湿度調整とハエの止まり木にします、 それの代わりにモクパッキンを使います。培地の底まで空気が入るようになり、ビンの底まで幼虫が行けるようになり、培地の無駄が減り、 スペースが広がるので幼虫の成長も促進するような気がしてきます。天然木からできています。
1袋約1リットル
\499
モクパッキン約1リットル 499円  ご注文数
コメント 現在庫数:


mailto メールで注文する|| back to home||エサ関連商品ページへ戻る||通販入り口に戻る

Wild Sky specialised frogs,exotic plants, vivarium